用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【管理者アカウント】

  • コンピュータの管理者

 普通は「コンピュータの管理者」といえば、会社の中でそういった役割を担っている人のこと。システム管理者と呼ばれていることも多いと思う。

 ただし、ウィンドウズ2000とウィンドウズXPでは少し違った意味になる。これらの基本ソフトでは、1台のパソコンに複数のユーザーを登録して、各人が別々の設定でパソコンを使うことができる。

 ユーザーを登録するときは、そのユーザーの権限を設定する必要がある。ウィンドウズXPの場合、基本的には管理者アカウントと制限付きアカウントの2種類になる。この場合のアカウントは、ユーザーと同じ意味だと思えばいい。

 ウィンドウズ2000の場合は、Administrator(アドミニストレータ)が管理者アカウントに相当する。また、ウィンドウズXPでも使い方によっては、Administrator というユーザー(アカウント)が出てくることがある。

 いずれにしても、管理者アカウントに設定されているユーザーは、そのパソコンに部品や周辺機器を足したり、ソフトをインストールしたり削除したり、新しいユーザーを設定したり、すべての操作ができる。

 逆に制限付きユーザーだと、ソフトを使うことはできてもインストールや削除はできない。また、別のユーザーに関連する操作や設定の変更もできない。そのため、ソフトをインストールするような場合は、必ず管理者アカウント(Administrator)に設定されたユーザー名でウィンドウズにログオンする必要がある。

 また、こうした事情があるため、ウィンドウズXPでは最初に登録するユーザーは必ず管理者アカウントになる。ウィンドウズ2000の場合は、最初に必ず Administrator というユーザーを登録する仕組みになっている。

 なお、ウィンドウズXPの場合、管理者アカウントでログオンして「スタート」→「コントロールパネル」の中の「ユーザーアカウント」を開くとアカウントの設定を変更できる。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top