用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【第二種電気通信事業者】

  • 第一種電気通信事業者
  • 電気通信事業者

 電気通信事業者は、電気通信事業法に基づいて電気通信役務を行う事業者のこと。少し噛み砕いていうと、電磁的な方法で音声や映像、データなどを送受信するサービスを提供する企業などだ。送受信の方法は、有線でも無線でもいい。

 そして 2004年3月までは、自前で通信設備を持っている第一種電気通信事業者と、自前で通信設備を持たない第二種電気通信事業者に分けられていた。

 具体的には、固定電話、携帯電話、CATV などの会社が第一種電気通信事業者に分類されていた。第二種電気通信事業者としては、インターネットの接続サービスを提供するプロバイダー(ISP)や、回線を借りてサービスを提供する MVNO などがあった。

 しかし、2004年4月以降は、すべての電気通信事業者が許可制ではなく登録・届出制に変わり、第一種、第二種の区分がなくなった。そして、通信設備が一定エリア内に留まる場合は届出制で、それを超えると登録が必要になる。

たの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top