用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【直帰率】

 インターネット上の広告、リンク、検索サイトなどから自分のサイトを訪れた人が、自分のサイト内の別のページを見ることなく戻ってしまう、あるいは別のサイトへ行ってしまう比率。

 せっかく何かのきっかけで自分のサイトに来てくれたんだから、できるだけたくさんのページを見ていってほしい。だけど、最初に開いたページを見て、「これは自分が求めている情報じゃない」と思ったら、即、別のページへ行ってしまう人が多い。そのため、直帰率を下げる工夫が大切だ。

 ちなみに、来訪者が最初に見るページをランディングページという。バナー広告のリンク先に指定されたページは必ずランディングページになる。一方、検索サイトの検索結果から来た場合、どのページがランディングページになるか分からない。ただ、商品名やキーワードが多いページがランディングページになる可能性が高い。

 直帰率を下げるには、このランディングページを魅力的にするのが有効だ。とはいえ、曜日や時間帯によっても直帰率は変わるもの。アクセス解析などを使って自分のサイトの特徴を知ることが大切だ。

ちの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top