用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【画像処理ソフト】

  • グラフィックソフト

 パソコンで絵を描いたり、パソコンに写真を取り込んで修正したり合成したりするアプリケーションソフト。使い方や、画像の扱い方によって数種類に分類できる。

 最も簡単なのが、ペイントソフトと呼ばれるもの。一般に「お絵かきソフト」などといわれることもある。ペイントソフトは、パソコンの画面を構成している小さな点(ドット)に色を付けることで絵を表現する。マウスやタブレットを使って自由に描けるので手軽だ。ただし印刷したり拡大したりすると、斜めの部分にギザギザ(ジャギー)が目立つ。代表的なペイントソフトとして、ウィンドウズに付属の「ペイント」がある。

 ドローソフトと呼ばれるものもある。これは直線、曲線、円や多角形を組み合わせて絵を組み立てていくイメージ。そのためカッチリしたイラストに向いている。地図を作るときにもいい。ドローソフトで描いたイラストは、拡大したり印刷してもギザギザが出ない。また、チャート表現にも向いているので、一時はビジネス文書を作成するソフトとして販売されているものもあった。

 もうひとつ、フォトレタッチソフトというものがある。これは本来、写真を加工するためのソフト。しかし、絵を描くことにも使える。フォトレタッチについては、別のページで説明しているので参照してほしい。特に、デジタルカメラの写真をパソコンで修正したり、画像フォーマットを変換するといったとき役立つ。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top