用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【画像フォーマット】

  • 画像形式

 パソコンで扱う写真やイラストなどのデータを、画像ファイルという。画像ファイルには、保存(記録)する方法がいっぱいあって、その方式を画像形式とか画像フォーマットという。

 保存しておく方法がいっぱいあるといっても、ピンと来ない人がいると思う。たとえば、音楽CDとカセットテープとMDでは、音を記録している方法が違う。しかし再生すると、どの方法でも同じように音が聞こえる。

 パソコンの画像データは、どの形式でもハードディスクに保存できるし、パソコンの画面で見られる。しかし、どんなルールでデータを記録しているか、その方法が違うんだ。

 主な画像形式としては、ウィンドウズで標準のBMP、マッキントッシュで標準のPICT、どっちでも使えるTIFF、インターネットやデジタルカメラで標準的なJPEG、やはりインターネットで使われているGIFなどがある。それぞれ、画像形式の名称をクリックすると、もう少し詳しい説明のページに移動するので必要に応じて見てほしい。

 どの画像形式でも、パソコンの画面上で見ると画質に大差はない。実際には差があるんだけど、よほど意識しないと分からない。しかし画像ファイルの大きさ(容量)は、画像形式によって大きな差がある。

 グラフィックソフト(フォトレタッチソフト)を使うと、いろいろな画像形式のデータを開けるし、別の画像形式に変換することもできる。パソコンで写真を扱う人には必須のソフトになっている。

 この他、画像データは、画像の描き方自体の違いでビットマップ画像とベクトル画像にも分類できる。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top