用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【無線LANアクセスポイント】

 無線LAN を利用するとき必須の機器。あるいは、無線LAN を利用できる場所を指すこともある。単に、アクセスポイントと呼ばれることも多い。

 まず、通信機器としての無線LANアクセスポイントは、無線LAN を使用するための親機となる装置。この親機と、パソコンに内蔵または装着した子機(無線LANアダプター)との間を電波でつないで、相互にデータ通信を行う。

 無線LANアクセスポイントには、有線LAN のハブに相当するブリッジタイプと、インターネットや有線LAN との接続機能を持ったルータータイプがある。今は、ほとんどがルータータイプだ。

 次に、無線LAN の接続場所としてのアクセスポイントだけど、これは無線LAN の親機(無線LANアクセスポイント)が設置された公共スペース、あるいはそのスペースに設置された親機自体ということになる。

 今は、駅や空港、ホテルや飲食店などで無線LAN を使えることが多い。多くは有料だけど、なかには無料で利用できるものもある。こうしたサービスを利用するときは、利用できる場所へ行く必要がある。そして、その場所自体を無線LANアクセスポイントと呼ぶ。

むの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top