用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【機能拡張ファイル】

  • 機能拡張フォルダ

 機能拡張ファイルは、マッキントッシュでいろいろなソフトや周辺機器を使うために必要なプログラムの一種。

 機能拡張フォルダは、機能拡張ファイルを保存しておく専用のフォルダで、必ずシステムフォルダの中に入っていないといけない。フォルダ名を変えたり、別の場所に移したりするとマッキントッシュが起動しなくなったり、起動しても一部のソフトや周辺機器が使えなくなったりするので気をつけよう。

 新しいソフトをインストールするときに「機能拡張ファイルは指定の場所にインストールする必要があります」なんて感じのメッセージが出ることがある。この「指定の場所」というのは機能拡張フォルダのこと。ただし普通は、そのまま素直にインストール作業を進めれば、必要なファイルが自動的に機能拡張フォルダに納まるようになっている。

 マッキントッシュが起動の途中で止まってしまう場合は、マックOSに標準の機能拡張ファイルだけを使うように設定してみる方法がある。具体的な操作方法は、マッキントッシュに附属の説明書に書いてあるので、困ったときは探してみよう。

 なお、以上の説明はマックOS 9までの話。マックOS Xでは、機能拡張という仕組みを使っていない。

きの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top