用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【最高技術責任者】

  • CTO
  • シーティーオー

 まず、注文に応じてコンピュータなどを組み立てて販売することを CTO ということがある。これは、Configure To Order の略で、BTO とほぼ同じ意味。詳しくは、BTO のページを見てほしい。このページでは、企業などで役職を表す CTO について説明している。

 CTO は、Chief Technical Officer の略で、日本語では「最高技術責任者」と訳されている。

 この手の略語で最もよく目にするのは CEO だろう。これは、Chief Executive Officer の略で、日本語では「最高経営責任者」と訳されている。会社経営全般の責任者で、日本の感覚からすると社長というより会長といった立場の人。

 CTO は、簡単にいえば技術部門の総責任者。より日本語的にすると、技術統括役員といった感じだろうか。CEO も CTO も、パソコン用語というわけではない。しかしコンピュータ関連の企業では、CEO や CTO という肩書きを使っていることが多い。

 コンピュータや情報通信の世界は、技術力の勝負。常に最新の技術を開発・導入・提供していく必要がある。そのため、技術部門の責任者の役割は大きい。

 なお、アルファベット3文字で肩書きを表す略語として他に、COO、CIO、CFOなどがある。

さの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top