用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【映像エンジン】

  • 画像処理プロセッサ

 デジタルカメラやデジタルビデオカメラ(DVカメラ)に組み込まれている重要な部品。

 特にデジタルカメラの場合、使われている CCD の画素数が画質の目安として注目されている。しかし、CCD は光の強弱を電気信号に変える働きしかない。その電気信号を使って、いかに良い写真(画像データ)を作るか、それがそのカメラの画質ということになる。

 そして実際に、電気信号から画像データを作るのが映像エンジンの役割だ。画像処理プロセッサでも同じ意味と思っていい。

 映像エンジンは、特定の半導体部品になっているのが普通で、カメラを分解しないと見ることはできない。また、一般の人が見ても、どれが映像エンジンか分からないだろう。

 しかし、なかには映像エンジンに名前を付けて高性能ぶりをアピールしているメーカーもある。たとえば、キヤノンの「DIGIC」や、パナソニックの「ビーナスエンジン」がそうだ。

えの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top