用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【日本語入力ソフト】

  • IME
  • かな漢字変換ソフト

 パソコンに日本語を入力するときは、キーボードからかな入力かローマ字入力でひらがなを入力してから、かなと漢字の混ざった文章に変換する。この役目を担っているのが日本語入力ソフト。

 日本語入力ソフトを、かな漢字変換ソフトと呼ぶこともある。ウィンドウズパソコンでは一般に、IME(アイ・エム・イー)という。昔は、FEP(フェップ)といっていた時期もあるけど今はいわなくなった。

 以前は、パソコンに日本語を入力するのは、ワープロソフトの役目だと思っている人が少なくなかった。しかし実際には、日本語入力ソフトとワープロソフトとは別ものだ。

 たとえば、電子メールを書くときも、住所録ソフトに漢字で名前や住所を入力するときも、ワープロソフトを起動する必要はない。どんなソフトを使うときも日本語を入力できるのは、パソコンが起動するとき自動的に日本語入力ソフトが起動しているためだ。ウィンドウズの場合、画面右下のタスクトレイの中にアイコンが見える。

 日本語入力ソフトには、ウィンドウズやワードに付属のMS-IME、マッキントッシュ(マックOS)に付属の「ことえり」、ワープロソフト「一太郎」に付属あるいは単体売りのATOK(エイトック)などがあって、好きなものを選んで使うことができる。ただし、それぞれ細かい操作方法に違いがあって、一度慣れると別のソフトへの乗り換えるのはわずらわしい。

にの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top