用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【文字化け】

 読んで字のごとく、パソコンなどの画面に表示される日本語の文字が意味不明の記号や文字に変わってしまうこと。最近は少なくなったけど、以前はよくあることだった。文字化けの原因はケースバイケース。

 よくあったのが、機種依存文字を使ったケース。たとえば○で囲んだ数字や、(株)、(月)、km などを 1文字で表した記号類だ。特に、電子メールを送るときや、文書をテキストデータで受け渡しするような場合は気をつけたい。

 相手も同じ種類のパソコンを使っていれば問題ない。しかし機種が違うと別の記号になってしまう。あるいは使っているフォント(書体)が違うと、単なる □ になってしまうこともある。そのため、これらの記号は基本的に使わないのが今もマナーだと思う。

 電子メールのタイトル(件名)が、変なアルファベットの羅列になることもある。これは、元は日本語のタイトルだったのが、途中に日本語に対応していないコンピュータがあって意味不明のアルファベットに置き換わってしまったもの。

 最近は少なくなったけど、以前はよくあることだった。今もこうした現象があるようなら、件名だけ英文かローマ字で書くといい。タイトルが化けても、普通、本文は大丈夫だ。

 ウェブページ上の文字が化けることもある。全体が化けて読めない場合は設定を直して対応する。以前はブラウザーのメニューで「エンコード」を選ぶことができた。普通はこれを「日本語(自動選択)」にしておく。それでダメなときは「日本語(シフトJIS)」にしてみる。

 しかし部分的に変で、全体としては意味が分かるという場合は無視すればいい。また、外国語のホームページで部分的に変な漢字が表示されることもある。これは偶然の結果なので、やはり無視するしかない。

もの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top