用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【携帯音楽プレーヤー】

 文字どおり、携帯して音楽を聴ける小型のプレーヤー。従来からあるカセットテーププレーヤーや携帯型CDプレーヤーも携帯型の音楽プレーヤーと呼べるけど、現在、携帯音楽プレーヤーというと、デジタル化した音楽データを保存・再生するタイプを指す。

 携帯音楽プレーヤーは、大きく分けてメモリーに音楽を記録するものと、ハードディスクに音楽を記録するものがある。メモリーに音楽を記録するタイプは、内蔵メモリーを使うものとメモリーカードを使うものがある。メモリーカードを使うものは、複数のメモリーカードを差し替えて使うことができる。

 そして一般に、メモリーを使うタイプの携帯音楽プレーヤーを、シリコンオーディオプレーヤーとかメモリーオーディオプレーヤーと呼ぶことがある。

 内蔵メモリーまたはメモリーカードを使うタイプは、ハードディスクを使うタイプよりデータ容量が少ない。しかし、小型軽量で音飛びしないというメリットがある。

 一方、ハードディスクを使うタイプは大容量で、数千から数万曲もの音楽データを持ち歩くことができる。ハードディスク内蔵のタイプには、音楽データだけでなく画像や映像を保存・再生できる機種もある。こうした機器は、ポータブル・マルチメディア・プレーヤーと呼ばれることもある。

 音楽データは、音楽CDから取り込むことができる。この操作は、パソコンで行う。そして、パソコンに取り込んだ音楽データを携帯音楽プレーヤーに転送する。また、音楽データをインターネット上の音楽販売サイトからダウンロードして購入することもできる。この場合も、パソコンを使う。

 音楽CDから取り込んだり、インターネットからダウンロードした音楽データの管理は、それぞれの携帯音楽プレーヤーに対応した音楽管理ソフトを使う。パソコンからプレーヤーへの転送も、このソフトで行う。

 なお、音楽データには、MP3、AAC、ATRAC3、WMA といった種類がある。それぞれの携帯音楽プレーヤーによって対応するデータ形式が異なる。携帯音楽プレーヤーを買い換えると、それまで集めた音楽データが再生できなくなることもあるので注意が必要だ。

けの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top