用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【接続共有】

 ウィンドウズ98SE(ウィンドウズ98・セカンド・エディション)やウィンドウズMeで利用できる機能のひとつ。この機能を使うと、電話回線が1本でも複数のパソコンから同時にインターネットに接続できる。

 企業や大学などで本格的なLANを導入していて、インターネットに専用線接続されている場合は、LANに接続された複数のパソコンから同時にインターネットを利用できる。

 しかし、家庭や小規模オフィスで、一般の電話回線(アナログ回線)やISDNを使ってインターネットに接続している場合、1台のパソコンがダイヤルアップ接続すると1本の回線がふさがってしまう。

 この解決方法としては、ISDNとダイヤルアップルーターという機器を組み合わせるのが一般的だった。最近では、ADSLとブロードバンドルーターを組み合わせるケースも多い。

 しかし、ウィンドウズ98SEやMeの接続共有を使うと、こうした機器がなくても一般の電話回線1本で複数のパソコンから同時にインターネットを利用することが可能だった。ADSLやCATV(ケーブルテレビ)を使った接続もできた。

 ただし、同時に利用するパソコンは、LANが組まれた状態になっていないといけない。つまりイーサネット(10BASE-T など)を使って、パソコンが相互接続されている必要がある。

 また通常、接続共有の機能は標準で組み込まれていないので、「アプリケーションの追加と削除」の「Windows ファイル」から必要なプログラムを組み込む必要がある。

 詳しい設定方法等は、ウィンドウズのヘルプを起動(「スタート」ボタン→「ヘルプ」)して「検索」画面を選び、「接続 共有」と入力して検索すると関連項目が表示されるので参照してほしい。

せの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top