用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【平均消費電力】

 CPU などの半導体部品が作業をするときの平均の消費電力。英語では、Average Power という。

 CPU などの半導体部品は、常にフル性能で動いているわけではない。通常の作業では、最大消費電力より低い電力で動いている。この、通常の消費電力を平均した値を平均消費電力という。

 一方、フル性能で動いたときの最大消費電力は熱設計電力と呼ばれる。

 たとえばノートパソコンの場合、バッテリーで何時間使えるかというのは大きな問題だ。容量が同じバッテリーなら、平均消費電力が低いほうが長く使える。

 最近では、ほとんどのノートパソコンで、低い電圧で動く低電圧版の CPU が使われている。低電圧版の CPU の方が、一般の CPU より平均消費電力を抑えることができる。

への一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top