用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【専用線IP接続】

  • 専用線接続

 インターネットへの接続方法のひとつ。この画面を会社や大学で見ている人は、今も専用線接続になっているかもしれない。

 以前は、電話回線を通じて利用するときだけインターネットに接続する方法が一般的だった。これをダイヤルアップ接続という。

 これに対して、24時間貸し切りの通信回線(専用回線)で常時つなぎっぱなしにする方法を専用線接続といった。より正確には、専用線IP接続という。IP接続の意味は、別のページで説明しているので必要に応じて見てほしい。

 当初からインターネットは、専用線接続でつなぎっぱなしにしておくのが本来の使い方だといわれていた。専用線接続なら、電子メールが届いてもすぐに確認できる。今では当たり前のことも、ダイヤルアップ接続のころは実現できていなかった。

 また、ダイヤルアップ接続のときは接続時間を気にしながらホームページを見たものだけど、専用線接続ならその必要もない。また、自前のサーバーでウェブサイトを運営するには、専用接続されている必要があった。

 専用線接続にすると、どれだけ使っても(あるいは使わなくても)料金は同じ。しかし、かなりの高額だった。プロバイダーに払う接続料も高額で、個人や小さなオフィスにはきびしい金額だった。

 今は、光回線やADSL、CATV(ケーブルテレビ)といったサービスを使うことで、家庭でも負担できる金額で事実上の常時接続ができるようになっている。詳しくは、常時接続のページで。

せの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top