用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【学校裏サイト】

 サイトは、ウェブサイトつまりホームページのこと。一時は、小学校や中学校、高校でも、学校を PR したり、学習内容を紹介するウェブサイトを作るケースが見られた。しかし最近は、個人情報保護や犯罪防止の観点から下火になっている。

 で、このように学校公認で作られるのは、いわば「表のサイト」。一方、学校裏サイトというと、生徒が勝手に作った非公認のサイト。パソコン向けだけでなく、携帯電話向けのサイトが多い。

 現在、インターネット上には会員登録すれば無料で掲示板やブログ、プロフ、SNS、個人サイトなどを持てるサービスがたくさんある。学校裏サイトは、こうしたサービスを使っている。

 問題は、こうした学校裏サイトがイジメや犯罪の温床になっていると指摘されていること。たとえば、そのサイトに特定の生徒の悪口をみんなで書き込むのがその典型だ。

 あるいは、たまたま仲良しグループの中に1人、ちょっと失敗した子がいたとしよう。で、リーダー格の子が「あの子を無視しよう」とメールで仲間に連絡すると、その日から友達全員がその子にメールを送るのを止める。そして、その子はワケが分からないまま孤立する。

 同様に、「あの子をイジメよう」というメールが回れば、突然、モノがなくなったり、言葉や行動による暴力にエスカレートするかもしれない。

 さらに、クラスメートの写真を勝手に使って本人の知らないところでプロフに登録し、不適切な交際を求める内容を書いたりする。すると、対象にされた子に変なメールだ殺到するだけでなく、本人も無実の疑いを掛けられる。

 しかも一方に、そうしたサイト等を悪用しようとしている大人もいる。

 そのため、学校裏サイト自体を作らせない、あったら閉鎖する、アクセスさせないといった対策が考えられているものの、巧妙に学校名を隠したり隠語を使ったりしているので、なかなか発見が難しい。

 とはいえ、どの学校にも必ず裏サイトがあるわけではないし、仮に見つけても記述内容は信用に足りないものが多い。過剰反応しないように諭す意見もある。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top