用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【太字】

  • ボールド

 ワープロソフトなどで使える文字修飾のひとつで、通常より太くした書体のこと。

 このほか、主な文字修飾として斜体や下線がある。また、抹消線や袋文字(輪郭線で表した白抜きの文字)、網掛けなどの機能を使えるソフトもある。

 太字を使うときも、まず通常どおり文字を入力する。そして後から、文字修飾を行いたい文字を選択して(通常はマウスで反転して)画面上部のメニューやボタンで指定する。指定を解除する場合は、解除したい部分を選択して、もう一度メニューやボタンで指定し直せばいい。

 ほとんどの文字修飾は、重複して指定できる。たとえば、太字にした文字を斜体にして、さらに波線を引くとか。しかし、文字修飾機能を使いすぎると目障りなばかりでなく、肝心なところが目立たなくなるので気をつけたい。

 これらの文字修飾機能は、表計算ソフトやグラフィックソフトでも利用できる。ただし表計算ソフトの場合、セルに対して設定するのでちょっと面倒だったりする。グラフィックソフトの場合は、入力した文字も画像の一部になり、あとから変更できないことが多い。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top