用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【垂直磁気記録方式】

 ハードディスクなどの磁気ディスクの記録方式のひとつ。最近のハードディスクで採用されている。

 ハードディスクは、密閉された箱の中に金属の円盤(プラッタ)が入っている。そして、その表面が磁気化されていてS極とN極の向きの組み合わせで情報を記録している。

 従来は、水平磁気記録方式といって、円盤の上に棒磁石を水平に並べたようなかたちで情報を記録していた。この方式は長く使われてきたのだけど、ハードディスクが高密度化するにしたがってどんどん磁石が小さくなり限界に近づいてきた。また、磁石が互いに向き合うために磁気を弱めてしまう。

 そのため最近は、棒磁石を縦に並べたように記録する、垂直磁気記録方式のハードディスクが登場している。垂直磁気記録方式の方が高密度に情報を記録することができる。つまり、記憶容量を増やすことができる。また、隣り合う磁石が互いに磁気を強めあう性質を持っている。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top