用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【地上デジタル放送】

 この場合の地上というのは、テレビの地上波放送のことで、普通は1チャンネルから12チャンネルで一般的に見られるテレビ放送のこと。地上にテレビ放送用の塔を建てて、そこから電波を飛ばしている。たとえば、東京タワーもテレビ塔のひとつだ。

 で、地上波放送は昔からずっとアナログ方式で電波を送ってきた。今、これをデジタル方式に変えようという計画が進んでいる。これが、地上波デジタル放送と呼ばれるものだ。

 地上デジタル放送は、まず 2003年12月に東京、名古屋、大阪の3大都市圏から放送が開始された。そして順次、エリアを拡げ、2006年中には全国で受信できるようになる見込み。

 地上デジタル放送を見るには、新しいアンテナとチューナー(受信機)、またはチューナー内蔵テレビが必要になる。

 チューナーだけ買って、今あるテレビにつないでデジタル放送を見ることもできる。ただし、デジタル放送の高画質や付加サービスを楽しむには、テレビ側もそれに対応していないといけない。

 なお、地上デジタル放送が始まったからといって、すぐに従来のテレビ放送が見られなくなるわけではない。2011年までは継続されるので、それまでにチューナーかチューナー内蔵テレビを買えばいい。

 なお、地上波放送のデジタルへの切り替えにはアナログ周波数変換という問題もあって、その対策も始まっている。

 地上波以外のテレビ放送としては、人工衛星を使った BS放送や CS放送がある。

ちの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top