用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【半角カタカナ】

  • 全角文字
  • 半角文字
  • 半角英数字

 普段、日本語のソフトで使っている漢字、ひらがな、カタカナが全角文字。それに対して、横幅が半分のアルファベットや数字が半角文字。ただし、これだけでは、やや不正確。

 まず、普段使っている日本語の文字が全角というのは正しい。漢字やひらがなに半角はない。

 しかし、アルファベット、数字、カタカナには、全角と半角がある。等幅フォントを使って、日本語入力の状態でアルファベットや数字を入力すると漢字やひらがなと同じ幅の文字が並ぶ。これは、全角文字だ。

 では、半角文字を入力するにはどうするかというと、日本語入力をオフにする。パソコンや日本語入力ソフト、あるいはそれらの設定によって、日本語入力をオフにする方法は違うけど、キーボードからアルファベットと数字しか入力できない状態にする。現在のウィンドウズパソコンでは、キーボード上の「半角/全角」キーで切り替えられることが多い。

 この状態で入力したアルファベットと数字は、等幅フォントで表示すると、本当に全角文字の半分の幅になっている。しかし見た目の問題よりも、1文字を表示するために必要なデータ量が半分というところに本質がある。

 全角文字は、1文字あたり 2バイトのデータ量になる。これに対して半角文字は、1文字で 1バイトだ。その理由は、バイトのページで説明しているので必要に応じて参照してほしい。

 アルファベットや数字を書くとき、一般のワープロ文書などは全角でも半角でも問題ない。ただし、その文書を別のパソコンで開く場合、相手が日本語を扱えないと全角文字は表示できない。文字化けして意味不明の文字になってしまう。英語には、1バイト文字(半角文字)しかないからだ。

 電子メールの場合も、相手が日本語を扱えるパソコンを使っているなら全角でも半角でもいい。しかし、相手が日本語を扱えないパソコンだと同じ問題がおこる。外国へ送るときは気をつけよう。

 それと、コンピュータに対して何かの命令を与えるような場合も必ず半角文字を使う。コンピュータそのものが、1バイト文字(半角文字)で動いているためだ。インターネットのウェブサイトを呼び出す URL や、電子メールアドレスを半角英数字で入力するのも同じ理由から。

 半角カタカナというのもあるけど、これは昔、コンピュータの性能が低くて漢字などを扱えなかった時代の名残のようなもの。今でも使えなくはないけど、インターネットで半角カタカナを使うとトラブルを招くケースがある。だから使ってはいけない。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top