用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【動作周波数】

  • クロック周波数

 一般的には、CPU の名前の後ろについている数字のことだと思っていい。たとえば、コアi5の 3.2GHz といった場合、3.2GHz の部分がクロック周波数を表している。そして、同じ名前の CPU なら、数字が大きいほど動作が速くて性能が高いとされている。

 ラジオ体操を思い出してほしい。音楽に合わせてイチ・ニ・サン・シー、ゴ・ロク・シチ・ハチ、と体を動かす。音楽のテンポが上がれば、それだけ体操も速くなる。

 CPU も、一定のテンポで作業をしている。そして、このテンポを決めているのがクロック周波数だ。これを、CPU の動作周波数ということもある。このあたり、具体的にはパイプライン処理のページを見てもらうと参考になる。

 単位の GHz も、別のページで説明しているので見てほしい。ちなみに 3.2GHz は、1秒間に 32億回という意味。

 なお、普通にクロック周波数といった場合は以上の説明でいい。しかし、もう少し詳しくいうと、上記で説明しているのは「内部クロック」ということになる。内部というのは、CPU の内部ということ。

 このほかに、外部クロックというものがある。たとえば CPU がメモリー(チップセット)などとデータを交換するときは、外部クロックでタイミングをとっている。詳しくは、ベースクロックのページで。こうした外部クロックに対しても、動作周波数という言葉を使うことがある。

 なお、周波数は一般に、電波などの振動数を表す言葉として使われることの方が多い。このあたりは、周波数のページで。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top