用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【動作保証】

 周辺機器やソフトは、それを使うために必要な条件が指定されている。できれば、まず動作環境のページを見てほしい。

 通常は、メーカーが指定してる動作環境を満たしていれば、その機器やソフトを使えるはずだ。メーカーが「この条件を満たしていれば動きます」と保証しているわけで、これが動作保証ということになる。

 ところが動作保証という言葉は、「○○の場合は動作保証できません」といった感じで否定的に使われていることも多い。○○の部分は、特定メーカーの特定のパソコンだったり、自作パソコンだったりする。あるいは、基本ソフトを自分でバージョンアップしている場合、といったこともある。

 ただし動作保証外の場合でも、おおむね動作環境を満たしていれば使えることが多い。しかし「使えます」と保証してしまうと、トラブルがあった場合に困るので、メーカー側は「動作保証できません」としている。

 つまり、「使えない」といっているのではなく「使えるという保証はしません」といっているわけだ。そして実際には、問題なく使える、おおむね大丈夫だけど一部の機能が使えない、ほんの一部の機能だけ使える、まったく使えない、のどれかになる。

 さて、どうして使えないという現象が起きるかというと、理由は千差万別なので一概にはいえない。

 ありがちな例としては、あるパソコンに特殊な部品やソフトが組み込まれている場合がある。そのため、そのパソコンとは相性が悪いのでトラブルが起きやすい、だから動作保証できないというケース。

 自作パソコンの場合は、1台1台、使っている部品がバラバラなのでメーカー側で事前に検査のしようがない。中には、かなり特殊な部品を組み込んでいる人もいるだろう。そのため、とりあえず「保証しない」ということにしておいて、それでも使ってみたい人は自己責任で、というスタンスをとっている。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top