用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【初期設定ファイル】

  • 初期設定フォルダ

 まず、パソコンやソフト、周辺機器の買ったままの状態という意味の初期設定はデフォルトのページで説明しているので、そっちを見てほしい。このページでは、マッキントッシュの初期設定ファイルや初期設定フォルダを説明している。


 初期設定ファイルは、マッキントッシュのシステムフォルダの中に記録されているデータの一種。そして、初期設定ファイルが保存されている専用のフォルダを初期設定フォルダという。

 初期設定ファイルには、マッキントッシュ用のソフトを起動したとき、最初にどういう状態にするか記録されている。たとえばワープロソフトの場合は、紙の大きさ、縦位置か横位置か、標準で使うフォント(文字)の種類と大きさ、といったこと。

 普通は、こうした指定を変更すると初期設定ファイルの内容も自動的に書き換えられて、次に起動したときは変更後の状態になっている。

 なお通常は、初期設定ファイルを削除しても次に起動したときに、また自動的に作られる。特定のソフトがうまく起動しない場合は、そのソフトの初期設定ファイルを削除してみる、という対処方法もある。ただしこの場合、自分で設定しておいた状態ではなく、ソフトの初期状態になってしまう。

 なお、初期設定ファイルの名前は、最後が Preferences となっていることが多い。略して Prefs となっていることもある。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top