用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【分岐予測】

 最近のCPUは、処理速度を上げるためにパイプラインという技術を使っている。詳しくは、パイプライン処理のページを見てほしい。

 このパイプラインという技術を使っていると、同じような命令が続いているときは効率がいい。しかし、作業内容が変わると途中まで行っていた作業がムダになってしまう。その分、効率が落ちる。

 作業内容が変わるというのは、たとえば、こういった場合はこの操作に移る、こういった場合はあの処理を行う、といった状況だ。コンピュータプログラムは細かな命令の積み重ねなので、こういった作業の切り替え命令も頻繁に出てくる。

 で、この切り替えを分岐という。そして、この分岐をCPUまたはソフトが予測して、なるべくパイプライン処理のムダを避けようというのが分岐予測という技術だ。

 実際には、よくある分岐のパターンを記録しておいて、同じ状況がくると「お、あのパターンだな」といった具合に自動的に判断されるようになっている。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top