用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【再生する】

 普通、再生というと、動かなくなったもの、役にたたなくなったもの、なくなってしまったもの、こうしたものが再び蘇ることだと思う。

 しかし、音楽CDに記録されている音楽とか、ビデオテープに録画されている映像を復元する(つまり聞いたり見たりする)ことも再生という。パソコン関連で「再生」という言葉が出てきたら、ほとんどの場合、これと同じような意味と思えばいい。

 まず、パソコンのCD-ROMドライブで音楽CDに記録された音楽を聞くことができる(コピーコントロールCDを除く)。これは、まさに再生だ。音や絵や映像が記録されたCD-ROM作品を入れて、その作品を鑑賞することもCD-ROMの再生という。

 最近は、DVDというメディアも普及している。いろいろな種類があるけど、パソコン用のデータを記録したDVD-ROMは基本的にCD-ROMと同じこと。DVD-ROMの中身を見ることを再生するという。

 テレビに専用プレーヤーを接続して映画などを鑑賞するDVDビデオというのもあるけど、これを見るのも再生だ。ただしパソコンでDVDビデオを観るには、DVD-ROMドライブのほかに、MPEG2に対応した専用基板(拡張ボード)または再生ソフトが必要。

 このほか、ウィンドウズの起動音にも使われているWAVEファイル、映像を記録したAVIファイル、MIDI形式で音楽を記録したMIDIファイルなどを実行する(それぞれに対応したソフトで音や映像にする)ことも再生という。

 ただし、文書を開いたり住所録を開いたりする場合は「データを再生する」とはいわない。

さの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top