用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【光学ドライブ】

  • 光ディスク
  • 光学ディスク

 CD-ROM、CD-R/RW、DVD、ブルーレイ・ディスクなどのディスクを総称して、光学ディスクあるいは光ディスクという。そして、これらに記録されたデータを読み出したり、データを記録したりする装置を光学ドライブと呼ぶ。

 なぜ「光学」かというと、どれもレーザー光線を使ってデータを読み書きするから。ただし、CD より DVD の方が波長の短いレーザー光線を使っている。従来の CD-ROMドライブで DVD を読めないのはこのためだ。一方、DVDドライブは両方のレーザー光線を扱えるようになっている。そのため、DVDドライブで CD-ROM も読める。

 CD、DVD とブルーレイ・ディスクの間にも同じ関係がある。

 以前は、それぞれ CD-ROMドライブ、CD-R/RWドライブ、DVDドライブなどと呼んでいた。しかしその後、書き込み型DVD とか、CD-RW にも DVD-ROM にも対応するコンボドライブとか、すべての DVD に対応するスーパーマルチドライブなど、いろいろなドライブ(駆動装置)が登場してきた。

 しかも、同じ名前のパソコンなのに、グレードによって内蔵されているドライブが違うといったケースがある。そのため、これらを総称して光学ドライブと呼ぶことが多くなってきた。

 なお、広く使われてきた記憶装置として、ほかに磁気ドライブがある。これとは別に、光磁気ディスクというのもある。

この一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top