用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【元のサイズに戻す】

  • 最大化
  • 最大化ボタン

 ウィンドウズの画面で何かウィンドウ(小画面)を開くと、右上に3つの小さなボタンが並ぶ。その真ん中にあるボタンを押すと、ウィンドウが画面いっぱいに広がる。ウィンドウズでは、この操作を最大化といって、そのためボタンを「最大化ボタン」と呼んでいる。

 ウィンドウを最大化すると、最大化ボタンの絵が二重画面に変わる。そして、そこにマウスカーソル(矢印)を合わせると「元のサイズに戻す」という表示が出る。そして、ボタンを押すと最大化する前の大きさに戻る。

 従来のマックOS(マックOS 9 まで)の場合は、ウィンドウの右上にある2つのボタンのうち、逆L字型の方(左側のボタン)を押すと、やはりウィンドウが画面いっぱいに広がる。そして、もう一度押すと元の大きさに戻る。

 マックOS X からは、ウィンドウの左上に3つのボタンが並ぶようになった。その右端の緑色のボタンを押すと、ウィンドウの中身を表示するために必要な大きさまで拡大する。そして、もう一度押すと元の大きさに戻る。

もの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top