用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【伝送損失】

 電話、ADSL、LAN などは電気信号によって情報を伝えている。光ファイバーは、光によって情報を伝えている。

 どちらの場合も、通信距離が長くなると信号が弱くなり(劣化して)、伝えられる情報量が少なくなってくる。これを、伝送損失と呼んで、dB(デシベル)という単位で表す。

 特に最近は、ADSLの伝送損失が話題になっている。ADSL は、銅製の電話回線を使うため電送損失が大きく、電話局から距離が離れるにしたがって通信速度が下がってしまう。

 これは、ADSLの特性なので避けることができない。しかし、回線の品質、屋内配線の状態、ルーターなど通信機器の性能、パソコンの性能、基本ソフトの種類や設定も通信速度に影響する。こうした条件の改良で、ある程度は通信速度が上がることがある。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top