用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【企業統治】

  • コーポレートガバナンス

 コーポレートガバナンス(Corporate governance)のことを日本語では企業統治という。これは、会社の経営にかかわる用語で、特に IT 用語というわけではない。

 企業統治とは、会社を治めることだけど、これに「正しく」という意味が加わる。企業経営者が公正な経営を行うこと、それを監視する仕組みがコーポレートガバナンスの意味だ。

 コーポレートガバナンスを語るとき、しばしば出てくるのが「企業は誰のものか」という議論である。狭い意味では、株式会社は株主のものになる。そして経営者は、正しい方法で利益を上げて、株主に利益を配分しないといけない。

 しかし広い意味では、会社は経営者、従業員、顧客、取引先などすべての人たちものだ。これらの人たちが幸せになるように、経営者は企業の社会的価値を高めないといけない。そして、そのためにはコーポレートガバナンスが不可欠となる。

 短期的な利益を追求するあまり、不正行為や粉飾決算といったことはあってはならない。こうしたことがあると、結局は企業の価値を下げてしまい、株主にも、その他の関係者にも迷惑をかけることになる。

 企業経営の透明性を高め、説明責任を果たすことがコーポレートガバナンスの要点といえる。

きの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top