用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【不安定】

 パソコンやコンピュータの世界では、「機器の動作が不安定になる」とか「OS が不安定になる」といった言い方をする。通信の状態が不安定になることもある。

 機器の場合は、使えるはずの機能が使えたり使えなかったり、機器そのものが動いたり動かなかったりする。OS(基本ソフト)の場合は、突然、パソコンがフリーズして再起動をするしかない状況に陥ったりする。通信の場合は、とぎれたり通信速度が遅くなったり、最悪の場合は切れる、あるいは接続できない状態になる。

 いずれの場合も、機械的な故障が原因になるケースは少ない。機械的な問題で動作が不安定になっているとしたら、部品の接続不良といったことが考えられる。単に、電源コードがコンセントから抜けかかっているだけかもしれない。

 ほとんどの場合、原因はソフトの問題だと思う。通信機器も今はソフトウェアで動いている。そしてソフトには、バグとか相性が悪いとか、いろいろ面倒な問題がついてまわる。解決方法も多様で一概にはいえないのだけど、目安としては以下のような感じだろう。

 機器の場合、その機器を動かすためのドライバーソフトや、その機器の中に入っているファームウェアを更新することで問題が解決することがある。機器メーカーのホームページなどで調べてみるといい。それでダメなら、機械的な故障の可能性があるので点検・修理に出すことになる。しかし、「問題を確認できませんでした」といわれて、そのまま戻ってくることも少なくない。これは、不運にもメーカー側で点検したときは正常に動いてしまったということだ。

 基本ソフトが不安定でパソコンが止まったときは再起動すればいい。しかし、頻繁に止まるようなら何とかしないといけない。新しいソフトや、周辺機器のドライバーソフトをインストールしてから不安定になったなら、そのソフトに問題がある可能性が高い。それを削除したり更新することで解決できればいいけど、解決できないことも多い。こうした状況に対処するため、最近のウィンドウズにはシステムの復元という機能が用意されている。それでもダメなときは、パソコンに付属のリカバリーCD などを使って買ったときの状態に戻すことになる。その前に、データのバックアップを忘れずに。

 通信状態が不安定な場合は、かなり難しい。たとえばインターネット接続が不安定という場合、自分のパソコンに問題がある、パソコンの設定に問題がある、自宅(会社)内の通信設備や回線に問題がある、電話会社や通信会社の設備や回線に問題がある、プロバイダー側に問題がある、といった具合に非常に多くの可能性が考えられる。これらを、自分が出来るところから(たとえば手元のパソコンの設定から)順番に確認していく。どうしても通信が安定しない場合は、別の通信サービスに乗り換えざるを得ないこともある。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top