用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【下流行程】

 情報システムやソフトウェアの開発に関する言葉。

 新しい情報システムを構築するとき、おおむね次のような手順で開発が進められる。

 まず、顧客企業の仕事の内容、仕事の進め方、今使っている情報システムの問題点などを洗い出す。それを元に、どんな情報システムを作れば何をどのくらい改善できるか予測する。そして、そのために求められる条件を明確にして、システム構成を決め、開発期間やコストを見積もる。ここまでを、システム開発の上流工程という。

 このあと、より具体的にどんなプログラムを組むか決めて、実際のプログラミングに入る。そして、制作されたプログラムに問題がないかテストして運用に至る。これらの作業を下流工程と呼んでいる。

 一般的には、下流行程の方がシステム開発というイメージに近いかもしれない。しかし実際は、上流行程でキッチリとシステム構成が決まっていないと、下流行程でガンバっても良いシステムにならない。

 なお、下流行程では実際にプログラムを組む作業がメインになるので、プログラミングの能力が必要になる。次々と登場する新しいプログラム言語の知識なども必須だ。

 一方、上流行程を担当するには、企業経営に関する知識や顧客企業との折衝能力も必要になる。そのため、若いときは下流行程で実務を経験し、年齢が上がるにつれて上流行程を担当する SE が多い。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top