用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【下位互換】

  • 上位互換

 上位互換は、新しい製品でも古い製品の機能が使えること。

 たとえば、ソフトのバージョンアップがある。あるソフトがバージョン3になったとしよう。その前にはバージョン1と2があった。そして普通は、バージョン1や2で作ったファイルを、バージョン3でも開くことができる。

 これが典型的な上位互換。上位にある(この場合だとバージョンが新しい)製品は、下位(バージョンが古い)製品の機能も持っている、つまり互換性があるということ。

 通常は、バージョンアップがあると、新しい機能が追加される。そのため、新しいバージョンで作ったファイルは、古いバージョンでは開けないことが多い。しかし、機能を制限することで古いバージョンのファイル形式で保存できる場合もある。この場合は、下位互換があるという。

 ソフトだけでなく周辺機器でも同じことだ。新製品が、旧製品の機能も持っていて、旧製品と同じように使える場合、これも上位互換ということになる。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top