用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ワークステーション】

 パソコンより、ワンクラス上のコンピュータ。パソコンは「パーソナル・コンピュータ」の略。つまり「個人用のコンピュータ」という意味で、コンピュータの中ではもっとも性能が低いという位置づけだった。

 ワークステーションは、見た目はパソコンと大差ない。しかし、より高性能な CPU を使っていて処理能力も高い。その分、値段も高い。ユニックスという基本ソフトを使うことが多く、主に企業の研究開発部門や大学などで使われてきた。

 一時は、パソコンの性能が上がればワークステーションは不要になるという声もあった。事実、今では上位のパソコンとワークステーションの境界が曖昧になってきている。しかし、インターネットやLANの情報を蓄えておくサーバーとして使われるケースが増えて、むしろ需要が高まった。

 現在もワークステーションとして販売されているコンピュータはある。しかし、その役割の多くがサーバー用マシンとして販売されているコンピュータに移っている。

わの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top