用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ワンクリック詐欺】

 インターネット上に仕掛けられているワナのひとつ。

 パソコンでウェブサイトを閲覧中、あるいは携帯電話でインターネット接続サービスを利用中に被害に遭いやすい。ワンクリック契約とかワンクリック登録と呼ばれることもある。

 パソコンで多いのは、アダルト系のサイト。画面上の広告や迷惑メール本文中の URL などをクリックすると、いきなり「ご入会ありがとうございます」「登録が完了しました」といった表示が出て、入会金を払うように要求される。

 その際、IPアドレス、プロバイダー名、居住地域、ブラウザーの種類などが表示されて、さも個人情報を取得してあなたを特定できるかのように書かれている。

 しかし、どれもインターネットを普通に使っていれば入手できる情報で、これらの情報からあなたを特定することはできない。さらに、パソコンの識別番号が表示されることもあるけど、たいていデタラメな数字だ。

 そもそも、ネット上の広告を1回クリックしただけで入会契約が成立することはない。ハガキや電子メールによる架空請求と同じ類と考えていい。相手が、あなたを特定することはできなし、払わないからといって取り立てに来ることもない。とにかく、無視することだ。

 携帯電話の場合は、アダルト系に加えて、着メロなど一般的なサービスを装ったワンクリック詐欺が仕組まれていることもある。しかも、固体識別番号が表示されて、そこから名前や住所を特定できるかのように書かれていたりする。しかし、この場合も個人は特定できない。

 そのため対応策としては、やはり無視することだ。「契約していません」とか「契約を解除したい」なんて電話をかけると、むしろ相手の思うツボ。自分の電話番号を相手に知られてしまう。

わの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top