用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ワンクリウェア】

 インターネット上に仕掛けられているワナのひとつ。

 ワンクリック詐欺と呼ばれる犯罪行為がある。これは、アダルトサイトの広告などをクリックすると、いきなり「登録が完了しました」といった表示が出て、入会金を請求されるもの。

 もちろん、これだけで入会契約は成立していないので、料金を支払う必要はない。また、IPアドレスや利用しているプロバイダー名などを表示して、さも個人を特定したかのような表示も出るが、それもウソ。だから無視しても、請求や取立てが来ることはない。

 一般のワンクリック詐欺は以上のような方式で、ブラウザーを閉じればすべて終わる。あとは、忘れればいい。

 ただし、より悪質な場合は、広告をクリックした直後に一方的にプログラムや画像を送ってきて、定期的に画面に「入会金を払ってください」という表示を出すことがある。このプログラムを、ワンクリック詐欺のソフトウェアという意味でワンクリウェアと呼ぶ。

 基本的には無視してかまわないけど、定期的に表示されるのはうっとおしい。除去するには、ウイルス対策ソフトやスパイウェア除去ソフトを使う必要がある。

 また、中にはパソコン内のアドレス帳から電子メールアドレスを探し出して、自動的に犯人に送ってしまうプログラムもある。この場合、あとから頻繁に迷惑メールが送られてくる可能性が高い。そのため、すばやく除去したい。

わの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top