用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ワイヤレスLAN】

  • 無線LAN

 読んで字のごとく無線を使ったLAN。ワイヤレスLANでも意味は同じ。LANは、オフィスや学校など同じ場所にあるパソコンやサーバーなどを相互接続してデータ交換できるようにしたもの。

 LANを組むときは、イーサネットという規格に対応したケーブルを使って物理的に接続するのが普通だった。このケーブルを伝わってデータが行き来する。でも、何かと面倒なことがある。

 まず企業では、オフィスから会議室などにノートパソコンを持って移動したとき、移動先にも LAN の接続口が必要になる。机の配置換えなどがあると、その都度、ケーブルの引き回しをやり直すことになる。

 今は家庭でノートパソコンを使う人が多い。ノート型なら部屋から部屋へ持ち歩ける。しかし有線だと、インターネットを使うときケーブルを引きずって歩かないといけない。

 物理的なケーブルではなく、無線を使って LAN やインターネットに接続できればこのような問題を解決できる。また今は、ホットスポットといって飲食店や公共の場で、無線LANを通じて手持ちのノートパソコンをインターネットに接続できるサービスも広まっている。

 無線でデータを交換する技術は前からあった。ところが、機器と機器の間にモノがあるとダメとか(赤外線の場合)、機器の値段が高いとか、いろいろあって普及に時間がかかった。しかし今は、機器の選択肢が増えて、個人でも手がとどく値段になってすっかり普及している。

 当初は、IEEE802.11bという規格に対応した無線LANの製品が多かった。その後、IEEE802.11aやIEEE802.11gといった、より高速な規格に対応した製品が相次いで登場し通信速度も十分に上がった。

 無線LAN を使うには、まず無線LANアクセスポイントと呼ばれる親機が必要になる。パソコン側には、それに対応した子機(無線LANアダプター)を付ける。ノートパソコンの場合、以前は PCカード型の子機を使うのが一般的だったけど、今は子機の機能を内蔵したパソコンが多い。

 そして各子機が、どの親機と通信するか設定する。1台の親機に、複数の子機を設定できる。そして、親機を通して子機を付けたパソコン間でデータ交換ができる。また、親機を従来の有線LANに接続すれば、有線LANと無線LANの間でもデータ交換ができる。

 IEEE802.11bに対応した機器同士なら、メーカーが違っても相互接続できるはずだ。これを保証するため、Wi-Fi(ワイファイ)という認定制度も作られている。

 なお、無線LANには注意点もある。電波を使うので、送受信しているデータを傍受される危険があることだ。そのため、セキュリティ技術がしっかりした製品を使う必要がある。

わの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top