用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ワイマックス】

  • WiMAX

 無線を使って、高速かつ広域な通信を行なう技術。WiMAX(ワイマックス)は、Worldwide interoperability for Microwave Access の略、というか、この技術の愛称のようなもの。

 一般に WiMAX と呼ばれる技術には、複数の規格がある。最初の規格は IEEE802.16 で、2001年12月に承認された。2003年1月には追加仕様と修正を含めた IEEE802.16a が承認され、2004年6月には IEEE802.16-2004 へと引き継がれている。

 これらの技術は、アンテナから最長で約50キロメートルまで通信可能で、最大通信速度は75Mbps。これは、ADSL や光ケーブルなどの固定回線の代わりに使うことを想定したもので、たとえばアメリカのように土地の広いところで家庭や会社に接続するために使われている。

 このほか、WiMAX には IEEE802.16e という規格がある。これは移動通信に向けたもので、一般にモバイルWiMAX と呼ばれている。通信できる距離はアンテナから 2~3キロ、通信速度は 75Mbps でハンドオーバーにも対応し、車や電車で高速移動中でも通信できる。

 日本では、WiMAX(ワイマックス)というと、このモバイルWiMAX のサービスを指すのが一般的。そして現在は、より新しくて高速な WiMAX 2(IEEE 802.16m)に追加要素を加えた WiMAX Release 2.1が実用化している。

わの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top