用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ローズ指令】

  • RoHS指令

 EU(ヨーロッパ連合)全域で実施される有害物質の使用に対する規制。2003年2月に発行され、2006年7月から実施される。

 RoHS は、Restriction of the use of the certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment の略で、日本語では「電気電子機器の特定有害物質使用規制」と訳されることがある。

 要は、電気電子機器で特定の有害物質を使うことを禁止するものだ。

 具体的には、鉛、カドミウム、6価クロム、水銀、ポリ臭化ビフェニール、ポリ臭化ジフェニルエーテルの6物質の使用量が制限される。これらの物質を規定の量を超えて使っている製品は、EU圏内で販売できないし、販売すると罰則を受ける。

 日本製の機器でも、EU圏に輸出する場合は規制の対象になる。そのため、日本メーカーでも RoHS指令への対応を進めいている企業が多い。

 RoHS指令の対象となる機器は、家電製品、情報通信機器、照明装置、電動工具、レジャー用品など幅広い。情報通信機器では、パソコンのほか液晶ディスプレイなども対象になっている。

ろの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top