用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ローカルエリア・ネットワーク】

  • LAN
  • ラン

 LAN(ラン)は、オフィスや大学など限られた場所にある複数のコンピュータを相互接続したもの。Local Area Network(ローカルエリア・ネットワーク)の略で、コンピュータ・ネットワークの典型。

 以前は、LAN を組むのは、なかなか大変だった。しかし今は、ウィンドウズパソコン同士、あるいはマック同士なら比較的簡単に LAN を組むことができる。家庭でもパソコンが2~3台あったらLANを組みましょう、という時代だ。

 LAN を組むと、別のパソコンに保存されているデータも、簡単に手元のパソコンに引き出すことができる。いちいちメモリーカードや USBメモリー等で渡さなくていい。パソコンが数台あってプリンタが 1台しかないという状況でも、どのパソコンからもプリンタが使えるようになる。

 かつてはオフィスで、データを渡したいのにフロッピーに納まらない、プリンタのつながったパソコンが空かないから印刷できない、といったケースがよくあったけど、こうした問題を解消できる。

 また、LAN につながったパソコン同士で電子メールを交換したり、グループウェアを使って情報を共有することもできる。インターネットを利用するときも、以前は各パソコンから電話回線を通じて接続するといったこともあったけど、LAN を通じてまとめて接続すれば効率がいい。

 パソコン数台の規模なら、どのパソコンも平等な扱い(ピアツーピア)でいい。しかし台数が増えてきたら、みんなが共有するデータを保存するためのサーバーを置く方がいい。この方式を、クライアントサーバーシステムという。そして規模が大きくなるにしたがって、より強力なサーバーを使ったり、複数のサーバーを置いたりする。

 LAN を組むとき、以前は専用ケーブルで物理的に接続するのが一般的だった。今も、この方式が多く使われている。しかし、無線LAN の普及に伴って、LAN の一部が無線化されているケースも多い。

 なお、離れた場所にあるLANとLANを結んだものをWANという。

ろの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top