用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【レーザー式マウス】

 レーザー光線を使って、移動量を読み取る方式のマウス。

 従来のマウスは、中にボールが入っていて、その転がり具合から移動量を測ってパソコンに伝えていた。その後、光学式マウスが普及し、これは発光ダイオードによる光で移動量を測っている。

 レーザー式マウスは、発光ダイオードの光ではなくレーザー光線を使って移動量を測る。従来の光学式マウスより読み取り感度がいい。

 また、レーザー式マウスだと、従来の光学式マウスでは利用できなかった金属面、タイル面、不透明ガラスなど、光沢があったりツルツルした面でも使うことができる。

 さらに、感度の設定によって、マウスカーソルのスピード重視にしたり、感度重視にしたりできる製品もある。

 なお、レーザー光線を使用するということで、目への影響が気になるところだけど、レーザー式マウスでは裸眼では見えず害のない光線が使われている。

れの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top