用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【レーザープリンタ】

  トナーと呼ばれる粉を紙に定着させることで印刷するプリンタ。1ページ単位で画像イメージを作って印刷するため、ページプリンタと呼ばれることもある。ページプリンタには、レーザープリンタの他に LEDプリンタがある。

 レーザープリンタと LEDプリンタの違いは、感光ドラムに画像を描くとき、レーザー光線を使うか LED を使うかの違いだ。レーザープリンタの場合は、光源から出た光をレンズで拡散し、それを反射ミラーに反射させて感光ドラムを照らし、画像を描く。光が照らされた部分だけトナーが付着して、それを紙に転写する。

 LEDプリンタの場合は、一列に並んだ LEDで直接、感光ドラムを照らす。そのため、印刷ヘッドを小さくできる。一方、レーザープリンタは、光源から感光ドラムまで構造が複雑なので、やや大型になる。

 ただし、レーザープリンタと LEDプリンタはよく似ていて、外観から見分けるのは難しい。また、印刷物を見ても違いはない。

 レーザープリンタの特徴は、クッキリきれいに印刷できること。コピー機で複写した文書と見分けがつかない。また、印刷スピードが速い。1枚目は原稿の内容によって違うけど、2枚目以降はコピー機と同じようにスイスイ出てくる。そのため企業などで、たくさんの文書を印刷するのに向いている。

 レーザープリンタは、以前はモノクロ専用機ばかりだった。しかし最近では、カラーレーザープリンタも普及している。カラーの場合、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色のトナーを使って印刷する。そのため、本体が大きめで値段も高めだ。カラーレーザープリンタは、印刷方式によって4サイクル方式とタンデム方式に分かれる。

れの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top