用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【レンタルサーバー】

 企業などが、ウェブサイトを運営したり、自社のドメインで電子メールを利用したり、オンラインビジネスを展開するには、インターネットに常時接続されたサーバーと呼ばれるコンピュータが必要だ。

 元々、そうしたコンピュータは自前で用意するものだったけど、それには費用や運用管理の手間がかかる。そこで、IT企業がインターネットに接続されたサーバーを用意して、それを必要な人や企業に貸し出すサービスが普及した。これが、いわゆるレンタルサーバーだ。

 貸し出すといっても、顧客企業の会社にサーバーを持ち込むのではなく、コンピュータなどの機器はレンタルサーバーの業者が保管している。そして、運用やメンテナンスなどを代行してくれる。もちろん、セキュリティ対策なども依頼できる。サーバーを借りている企業は、インターネット経由でアクセスしてデータを送受信する。

 なお一般に、レンタルサーバーのことをホスティングと言うこともある。基本的には同じものと考えていい。ただし、レンタルサーバーと言うと個人や小規模事業向けの比較的シンプルなサービスを指すケースが多い。一方、ホスティングと言うと大規模なビジネス活用まで含めた本格的なサービスという印象がある。

 それと、顧客である企業側がサーバーを用意して、IT企業がそれを保管する場所と通信回線を提供するサービスもある。つまり、お客様のサーバーを預かる方式で、これはハウジングと呼ばれている。

 さらに、大規模で大容量の通信回線につなぎ、セキュリティ対策も万全な高度なサービスもある。これは、データセンターと呼ばれている。

れの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top