用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【レイヤー】

 レイヤー(layer)は本来、「層」とか「塗り重ね」といった意味。パソコンの世界では、グラフィックソフトやCADソフトの機能として登場する。

 アニメーションのセル画を思い浮かべてほしい。背景は背景として描いて、登場人物は透明のセルに別に描く。そして背景の上に登場人物を重ねて撮影する仕組みだ。

 パソコン用のグラフィックソフトにも、高性能製品を中心に同様の機能がある。そして、このセル画のような機能をレイヤーと呼んでいる。といっても、実際に透明のセルに描くわけではなくて、ソフトの中で仮想的に複数の画面を使うことができる。

 レイヤー機能を使うと、アニメと同じように背景と人物を別々のレイヤーに描いて、重ねて1枚の絵にすることができる。あとで人物の位置を動かしても、背景を修正する必要はない。もちろん、背景の写真にタイトル文字を重ねるといった手法も使われている。

 CADソフトで図面を描く場合も同じ。1枚目の図面(レイヤー)に機器の形を描いて、2枚目の図面(レイヤー)に寸法を描いておけば、寸法のない図面と寸法入りの図面、両方を見たり印刷したりできる。

 グラフィックソフトでもCADソフトでも、2枚だけでなく必要に応じて何層ものレイヤーを使うことができる。

れの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top