用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【リモート監視】

  • 遠隔監視

 離れた場所から、コンピュータなどの稼働状況を監視すること。あるいは、そういったサービスのこと。

 本来は、発電施設や上下水道などのインフラ、防災システム、大きな建物や施設など、さまざまなものが監視の対象になる。こうした場合は、監視カメラで映した映像で監視していることもある。

 一方、コンピュータの世界で遠隔監視とかリモート監視というと、企業などが持っているサーバーなどのコンピュータを、離れた場所から通信回線を通じて監視するサービスを指す。

 といっても、監視カメラで見ているわけではなくて、コンピュータの稼働状況を手元のパソコンの画面で見たり、変な動きをしていないかプログラムで確認したりしている。必要があれば、遠隔操作でコンピュータを再起動させたり、新しいプログラムを送り込んで問題を修復することも可能だ。

 今は、アウトソーシングといって、情報システムの運用を専門の業者(SIなど)に依頼していることが多い。そして、そのサービスの一環として、コンピュータに不具合が起きていないか、不正アクセスなどの被害に遭っていないか、といったことを常に監視してくれる。

 そして、多くの場合、問題が起きてから現場へ駆けつけて操作しなくても対応できる。そのため、トラブルが起きても、それだけ早く対処できるし修復の手間も少なくて済む。

りの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top