用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【リニアPCM】

 音楽や映像は、もともとアナログな情報だ。しかし今は、デジタルデータとして記録、加工、再生できる。アナログ情報を一定のルールでデジタル形式に変換しているためだ。

 PCM(Pulse Code Modulation)は、音声をデジタル化する方式のひとつで、パルス変調と呼ばれるもの。たとえば、音楽CD も PCM を利用しているし、パソコンも PCM音源を内蔵している。

 しかし、従来の PCM は、データをデジタル化する際に圧縮したり、人間の耳には聞こえにくい部分のデータを減らしたりしている。これは、データ量を減らすための工夫で意味のあることなんだけど、音の臨場感が低下するという指摘もあった。

 リニアPCM は、こうした圧縮をしないで、取り込んだ音を全部そのまま記録する。その分、データ量が大きくなるけど臨場感あふれる録音ができる。

 今では録音機器の主流となっている ICレコーダーも、従来は MP3 や WMA などデータを圧縮して記録する方式を採用してきた。しかし最近は、リニアPCM に対応した ICレコーダーが増えていて、誰でも簡単に非常に良い音を記録できるようになっている。

 PCM 録音では、1秒間に何回、音のデータを記録(サンプリング)するかと、1回分のデータをどのくらい詳細に記録するか(ビット数)の掛けあわせで音質が決まる。最近の ICレコーダーは、音楽CD に使われている 44.1kHz/16bit より高音質で録音することが可能になっている。

りの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top