用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【リッチメディア広告】

 インターネットのウェブサイト等に表示される広告のうち、動画や音声が流れたり、マウスの動きに応じて反応したり、アンケートなどに答えられたりするものを総称して、リッチメディア広告と呼ぶ。

 従来、ウェブサイトに掲載される広告は、バナー広告など静止画が多かった。そして、それをクリックすると別に用意された広告ページが開くのが一般的だ。

 こうした広告を、さらに目につきやすく、クリックされやすいものにするために、フラッシュや Java などの技術を取り入れて動きの要素を加えたものをリッチメディア広告と呼んでいる。リッチメディアを直訳すると、「豊かな媒体」といったところ。

 広告自体に映像や音声が加えられているものは分かりやすい。このほか、マウスカーソルを重ねると広告が大きくなったり、クリックすると別画面が開くような広告もある。

 こうした広告は、インターネットというメディアだからこそ可能なもの。従来の紙媒体ではできない。

 一方で、リッチメディア広告はデータ容量が大きくなるので、 ブロードバンドの環境でないと生きない。従来のナローバンド回線だと表示そのものが難しいケースが少なくない。

りの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top