用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ランディングページ最適化】

  • LPO

 インターネット上の広告や検索サイトから、自分のサイトを訪れた人が最初に開くページをランディングページという。広告の場合、その広告からリンクされたページになる。検索ページから来た場合は、キーワードとの関連が強いページになる。

 しかし、せっかくランディングページを訪れても、その内容が不適切だと来訪者はよく見ないで元のページに戻ってしまう可能性が高い。こうした機会損失を避けるために、いろいろ工夫するのがランディングページ最適化だ。

 ランディングページ最適化(Landing Page Optimization)を略して、LPO ということが多い。

 不適切なランディングページの例としては、まず来訪者が期待していた印象と違うケース。次に、求めている情報がどこにあるのか分かりにくいケース。そして、ショッピングサイトなどでは注文ページへ行きにくいといったケース。

 一方、広告の内容に応じて対応するランディングページを切り換えたり、季節や曜日、時間帯によってランディングページの内容を変えたり、もし来訪者のプロフィールが分かるなら、それに応じて表示内容を変えたりすることもできる。

 こうしたランディングページの最適化を行うことで、ショッピングサイトでは注文件数を増やしたり、一般サイトでは資料請求の数を増やしたり、自分のサイトにいる時間を長くしてより詳しい情報まで知ってもらったりできる。

 なお、このように注文や資料請求してくれる人の割合を増やすことを、コンバージョン率を上げるという。

らの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top