用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ライブビュー】

 デジタルカメラでお馴染みの、カメラ背面の液晶画面で撮影中の画像を確認できる機能。

 昔は、写真を撮るときはファインダーと呼ばれる四角い小窓をのぞいて構図を決め、シャッターを切るのが一般的だった。特に、フィルムカメラの時代は。

 しかしデジタルカメラの時代になって、まずコンパクトデジカメから液晶画面で確認しながらシャッターを切る撮影スタイルが当たり前になってきた。携帯電話のカメラ機能も同様だ。

 一方、一眼レフカメラはデジタルになっても、なかなかライブビューに対応しなかった。これは正確には、できなかったといってもいい。

 一眼レフの「レフ」は reflex =反射の略で、撮影前の画像をファインダーで確認するためにカメラの中に鏡が入っている。そして、この鏡がじゃまで撮影前の画像をカメラ背面の液晶画面に映し出すのが難しかった。

 今は、画像確認用の CCD を搭載したり、一時的に鏡を上げたりしてライブビューを可能にしたデジタル一眼レフカメラが増えている。ただし多くは、ファインダー撮影とライブビュー撮影を切り換える方式だ。

 というのも、一般のデジカメユーザーはライブビューの方が使いやすいと思うかもしれない。しかしプロカメラマンや上級者には、ファインダーの方が構図やピントを確認しやすい、手ブレが起こりにくいといった理由で今もファインダー撮影の方が人気が高かったりする。

らの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top