用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【モデル番号】

  • モデルナンバー

 2001年10月に登場したAMD社のCPU、アスロンXPから使われるようになった数字(記号)で、そのCPUの性能の目安になる。その後、アスロンMPでも使われるようになった。

 従来、CPUの名前のあとにはクロック周波数の数字が付いていた。たとえば、アスロン 1.2GHzといった感じ。一般に、同じ名前のCPUならクロック周波数が高いほど性能が高くて計算も速いとされている。そして、値段も高い。

 しかし実際には、クロック周波数が高いほど処理速度が速いとはいいきれない。特に、種類が違うCPUを比較するのは難しい。たとえば、ウィンドウズパソコンで使われてきたインテル社のペンティアムIIIと、マッキントッシュで使われているパワーPC G4では内部の仕組みがかなり違う。そのため、単純にクロック周波数で性能を比較することができない。

 もともとインテル互換CPUとして発展してきたAMDのCPUも、今は独自の機能をたくさん取り入れて高性能化が図られている。そのため、たとえばペンティアムIIIとアスロンを比べたとき、クロック周波数が同じなら性能も同じとはいえない。

 そこで、パソコン雑誌などがベンチマークテストを行って、実際の使い方に近い状態で性能を比較してきた。その結果には、同じクロック周波数ならアスロンの方が高めの結果が出る傾向がある。逆にいえばアスロンは、クロック周波数がワンクラス上のペンティアムIIIと同等の性能があることになる。しかもペンティアム4では、この傾向が拡大しているといわれる。

 しかし、こうしたことを知ってるのは業界関係者や一部の上級ユーザーくらい。一般のパソコンユーザー、特に初めてパソコンを買う人は単純に、CPUの数字(クロック周波数)が大きいほど性能が高い、だから値段も高くて当然と思いがちだ。

 そこでAMD社は、クロック周波数ではなく独自に行ったベンチマークテストに基づいて、そのCPUがどのくらいの性能を持っているか表示しようと考えた。そして登場したのが、モデルナンバー(モデル番号)と呼ばれるものだ。

 具体的には、アスロンXP 1800+といった表記の「1800+」の部分がモデルナンバーになる。このCPUの実際のクロック周波数は 1.53GHzとされる。同様に、1900+は1.6MHz、1700+は1.47GHZ、1600+は1.40GHz、1500+は1.33GHzになる。

 こういった表記方法を取り入れることに対して、その必要性に理解を示す声もある。しかし、実際には1.53HGzのアスロンXP 1800+と、1.8GHzのペンティアム4が同等(あるいは、それ以上)だと主張していることになる、といった声もある。AMDは過去にも、これに近い理由でPレートという方式を提唱したことがある。しかし、これは定着しなかった。

 なお、インテルも2004年5月から、クロック周波数ではなくプロセッサ・ナンバという数字で CPU を識別する方式を取り入れている。

もの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top