用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【メールマガジン】

  • メルマガ
  • 電子メール新聞

 会員登録しておくと、電子メールで定期的にニュースなどが送られてくるサービス。以前は、電子メール新聞ともいったけど、最近はメールマガジンと呼ぶことが多い。略してメルマガともいう。

 記事の内容は、メールマガジンによって異なる。以前は、やはりパソコンやインターネットに関するものが多かった。今は、一般のニュースやビジネス関連情報、趣味や娯楽まで何でもありだ。

 配信のサイクルも、1日に数回、1日に1回、週に数回、週に1回、月に数回、不定期などサービスによってバラバラ。有料のものもあれば無料のものもある。発行者をみても、出版社などプロが提供しているものもあれば、個人が趣味で発行しているものもある。

 いろいろなメールマガジンをまとめて紹介しているホームページもあるので、興味のある話題があったら購読してみるといい。


 ここまで読んで「ネットニュース(ニュースグループ)やメーリングリストと何が違うの?」と思った人もいるかもしれない。ネットニュースやメーリングリストについては、別のページで説明しているので詳しくはそっちを見てほしい。

 要点だけいうと、メールマガジンは特定の発行者がいて、その発行者が編集した情報が送られてくる。つまり発行者と読者が明確に別れている。媒体が電子メールというだけで、普通の新聞や雑誌と同じだ。ネットニュースやメーリングリストは通常、参加者全員が意見を発信するし、同時に受け手にもなる。

めの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top